トップページに戻る > メゾネットパーク > 構造・基礎・保証

構造・基礎・保証

「2×4工法」イメージ

国内外の建築物が証明する信頼の高耐震・高耐久性能「2×4工法」。

数ある建築工法の中でも、優れた耐震性を持つことで知られる2×4工法。この工法は床、壁、天井が6面一体の構造のため、揺れを面全体で受け止める大きなメリットを持っています。1995年の阪神淡路大震災では、建築された2×4工法のうち96.8%が補修なしでも居住可能な状態であったというデータも残っています。

「2重壁構造」 イメージ

メゾネットパークの「2重壁構造」は防音対策用に開発された独自構造。

アパートやマンションなど賃貸住宅の悩みの一つが近隣の騒音。特に上下左右に挟まれた住戸は、4方向からの騒音被害を被る可能性があります。メゾネットパークは、1、2階で一つの世帯のため上下の騒音は存在していません。さらに、左右に対しては、「2重壁構造」を用いており、隣接する住戸からの防音にも配慮しています。

「鉄筋コンクリートベタ基礎」イメージ

不同沈下をおきにくくする「鉄筋コンクリートベタ基礎」を採用。

「メゾネットパーク」の基礎工事は、すべて「鉄筋コンクリートベタ基礎」を標準採用しています。鉄筋を張り巡らせた土間コンクリートを基礎内全面に施すことにより、不同沈下が起きにくい強固な基礎を造り上げます。また「防湿シート施工」もおこない、地面からの湿気とシロアリの侵入をシャットアウトします。

「住宅瑕疵担保責任保険」イメージ

住宅瑕疵担保責任保険(10年)で安心安全。

メゾネットパークは、工事中に第三者期間である財団法人住宅保証機構による検査を全棟実施し、建物お引渡し後、10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険の対象となっています。

ページのTOPへ

メゾネットパークガイド